2016年09月01日

思った時にやっておく、それが備え

1923年、関東大震災の発生した日。きょうは防災の日。和歌山放送ラジオでは、午後1時から特別番組「つながるワイドスペシャル〜ラジオのちから〜」を放送。午後3時からは、通常の「つながるワイド」をお届けし、第1週ということで恒例の生ラジオドラマも。

<つながりまshow!!>
新宮支局:引本孝之⇒いつ来るか分からない自然災害の中で、予報が出され備えが可能な気象災害。しかし、油断大敵。だから、思った時にやっておくことが大事。それが備え。
田辺支局:川崎学⇒役場庁舎を高台に移転をという計画がある。想定と判断、決断に加え、人と人とのつながりも重要。

<ぐるっと紀州路>
9月3日(土)午後5時〜9時に、美浜町の煙樹ヶ浜キャンプ場(多目的広場)で開かれる「煙樹ヶ浜フェスティバル」について、実行委員会・事務局の鈴木大智(すずき・だいち)さんに聞いた。日高郡内のゆるキャラが一堂に会する写真撮影会と地元・美浜町出身やゆかりの人によるステージが中心の子どもも含めた家族連れに楽しんでもらえる催し。飲食などの模擬店も軒を連ねる。会場周辺に臨時駐車場を配しているとも。

<イベントインフォメーション>
9月4日(日)、和歌山市の七曲市場商店街に台湾の夜市(よいち)が出現する!?「和歌山で台湾を楽しもう」が開かれる。9月5日(月)は和歌山市民会館で、歯科医師で女優の一青妙(ひとと・たえ)さん(※)による「新しい台湾を発見しよう―台南(たいなん)と台東(たいとう)―」と題した講演会がある。※歌手・一青窈(ひとと・よう)さんの姉。また、こんや7時からは、和歌の浦アートキューブで、台湾映画の上映会「台湾の夕べ」が開かれ、ドキュメンタリー映画「櫻之聲(さくらのこえ)」が上映される。

<快適生活ラジオショッピング>
ネックマッサージャー「も〜む」

♪ さよなら夏の日/山下達郎

<月一劇場>
「約束の丘」モグラが語る天気への備えと、それに取り組む人の存在。
DSC_2925-001.jpg

ここから、番組には、森口直美(左)さんと田中覚(右)さんも一緒に。
DSC_2927-001.jpg

♪ 夏の調べ/キャンドルズ
DSC_2929-001.jpg

※「はちみつケーキ」は、たなっちのお土産

<時さんぽ>
2000年/平成12年(16年前)
森口さんは、ハタチだった、たなっち(田中さん)は、まだ芝居をしていなかった2000年。
なーさんは、髪をオレンジ色にして、きんぎょって名まえの妖精の役をしていたとか。
middle_1125108041.jpg
金魚の妖精に見える!?

♪ 桜坂/福山雅治
♪ ちょこっとLOVE/プッチモニ

<映画・鷹の爪8
DSC_0373-001.jpg

舞台あいさつを見てきたというなーさん。監督(左)が声優をやっていたのに驚いた。
IMG_20160901_172748-001.jpg


<森口直美 舞台インフォ>
10月28日(金)〜30日(日)
【大阪市・中崎町 common cafe(TEL 06-6371-1800web)】
JUIMARCとパプリンカン・ポップ友情企画 「蟷螂襲(とうろう・しゅう) 短篇集」
1472718850371-001.jpg


<田中覚 舞台インフォ>
10月13日(木)〜16日(日)
【大阪市・ABCホール / チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:452-739)】
TEAM54プロデュース Vol.9 「のらん」
1472718344397-002.jpg


ラジオのちから
東日本大震災から5年半、紀伊半島大水害から5年のことし。4月には熊本地震が発生し、先日は、迷走台風が東北に上陸・横断し、水害で今なお救助を求める人がいる。一方、近い将来発生が懸念される東海・東南海・南海地震など、地震・津波・風水害と、自然災害のデパート日本で、和歌山で、できること、しておかなければいけないこと、使えるツール・グッズ、教訓などを探った。リスナーからも多くの思いや教訓、備えの現状などのメール・FAXが寄せられた。
posted by wbs at 20:31| 木曜日

ラジオのちから

きょう9月1日は「防災の日」。恒例のスペシャル企画「ラジオのちから」このサブタイトルをつけ続けて何年でしょうか。日ごろ耳なじみのパーソナリティの声で伝えることで、少しでも防災を身近な問題として考えてもらえるとうれしいかなと考えています。。。というわけで、木曜パーソナリティのなーさん、こと伊舞なおみさんが進行しました。
160901bousai.jpg
コメンテーターは和歌山大学災害科学教育研究センターの此松昌彦センター長。
スタジオゲストは「身近なケータイ・スマホで災害に備える」と題して、ドコモCS関西和歌山支店の石川一道さん(写真右)と上野勝人さんにもご出演いただきました。災害用伝言板もカンタン
いざ!というときの防災ハンドブックもチェックしてね⇒こちら

▽県庁南別館から
160901bousai(2).jpg
県庁南別館と中継を結び、防災企画課の佐々岡俊司さんに災害への備えと対策をテーマにお話しいただきました。
防災わかやまメール配信サービスなどもあります。いろんな手段を使って情報を集めるようにしましょう!
⇒こちらから

▽紀伊半島大水害から5年。熊野本宮大社の九鬼家隆宮司に田辺支局の川崎“まなびぃ”学がきく
熊野本宮大社のHPは⇒こちら

▽那智勝浦町市野々にこの春、開所した和歌山県土砂災害啓発センターの坂口武弘所長にインタビュー。新宮支局の気象予報士・引本孝之さんの取材リポート
県土砂災害啓発センターは⇒こんな施設です(県のHPへ)

▽高潮ってどんなもの?引本さんのリポート

▽シンセサイザー奏者の松尾泰伸さん、9月3日(土)熊野本宮大社で奉納演奏。鎮魂への思いをきく
160901bousai(3).jpg
詳しくは⇒熊野本宮大社のHPへ

▽ワダイの防災カフェ 9月から紀北/紀南で開催
自然災害や防災・減災に関する疑問・質問などについて,防災関連の専門家と一緒に飲み物を片手に気軽に語り合う場。「防災教育」「防災計画」「避難支援システム」「救助ロボット」「災害事例」など一つのテーマを選び、和歌山大学や国土交通省近畿地方整備局、和歌山県などで働く災害関連の専門家が講師を務めます
初回は此松先生です
詳しくは⇒和歌山大学のHPから

防災にまつわるおたよりたくさんお送りいただきありがとうございました〜!
抽選で3人の方に「ワイドFM対応ラジオ」をお送りさせていただきます。当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます



posted by wbs at 18:53| 木曜日