2016年09月01日

ラジオのちから

きょう9月1日は「防災の日」。恒例のスペシャル企画「ラジオのちから」このサブタイトルをつけ続けて何年でしょうか。日ごろ耳なじみのパーソナリティの声で伝えることで、少しでも防災を身近な問題として考えてもらえるとうれしいかなと考えています。。。というわけで、木曜パーソナリティのなーさん、こと伊舞なおみさんが進行しました。
160901bousai.jpg
コメンテーターは和歌山大学災害科学教育研究センターの此松昌彦センター長。
スタジオゲストは「身近なケータイ・スマホで災害に備える」と題して、ドコモCS関西和歌山支店の石川一道さん(写真右)と上野勝人さんにもご出演いただきました。災害用伝言板もカンタン
いざ!というときの防災ハンドブックもチェックしてね⇒こちら

▽県庁南別館から
160901bousai(2).jpg
県庁南別館と中継を結び、防災企画課の佐々岡俊司さんに災害への備えと対策をテーマにお話しいただきました。
防災わかやまメール配信サービスなどもあります。いろんな手段を使って情報を集めるようにしましょう!
⇒こちらから

▽紀伊半島大水害から5年。熊野本宮大社の九鬼家隆宮司に田辺支局の川崎“まなびぃ”学がきく
熊野本宮大社のHPは⇒こちら

▽那智勝浦町市野々にこの春、開所した和歌山県土砂災害啓発センターの坂口武弘所長にインタビュー。新宮支局の気象予報士・引本孝之さんの取材リポート
県土砂災害啓発センターは⇒こんな施設です(県のHPへ)

▽高潮ってどんなもの?引本さんのリポート

▽シンセサイザー奏者の松尾泰伸さん、9月3日(土)熊野本宮大社で奉納演奏。鎮魂への思いをきく
160901bousai(3).jpg
詳しくは⇒熊野本宮大社のHPへ

▽ワダイの防災カフェ 9月から紀北/紀南で開催
自然災害や防災・減災に関する疑問・質問などについて,防災関連の専門家と一緒に飲み物を片手に気軽に語り合う場。「防災教育」「防災計画」「避難支援システム」「救助ロボット」「災害事例」など一つのテーマを選び、和歌山大学や国土交通省近畿地方整備局、和歌山県などで働く災害関連の専門家が講師を務めます
初回は此松先生です
詳しくは⇒和歌山大学のHPから

防災にまつわるおたよりたくさんお送りいただきありがとうございました〜!
抽選で3人の方に「ワイドFM対応ラジオ」をお送りさせていただきます。当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます



posted by wbs at 18:53| 木曜日