2020年05月26日

Zoom出演に慣れてきた?

DSC_9402.JPG
Zoom出演なのに新宮まで行って、新宮のスタジオから出演したというわんだーらんど

<メッセージテーマ>
「あなたは賞味期限気にする?気にしない?」
橋本市・ヨソジーヌさんのおたよりをきっかけに、あなたは賞味期限を気にするか、気にしないか、その基準はどこかと、大論争が巻き起こりました!特に”夫には古いものを食べさせているのではないか”というまことフィッシングの疑念も拡大し、事態は深刻に?!
メッセージはたくさんいただきましたが、多かったのは「賞味期限」なら切れてもあまり気にしないけど「消費期限」は結構気にするといった声でした。またポン酢などの調味料は古くなりやすい、そして場合によっては”旦那さんに古いものを食べてもらっている”という声もありました!買った食材はなるべく早く食べ、フードロスを減らせるよう頑張りましょう!
→今週は「微妙なものは旦那のお弁当に」とカミングアウトしたミキティさんに素敵なタオルをプレゼント!

<わんだーらんどの天・地・人>
日高町の新名物「さばコロッケ」について、日高町商工会事務局長の荊木宣雄(いばらき・のぶお)さんに電話でご出演いただきました。日高町はクエで有名ですが、わんだーらんどと荊木さんはクエフェアなどを通して以前から顔見知りだそうです。
見た目は”いかつく、角刈り、作業服、サングラス”という荊木さんですが、日高町の振興のため、常に奔走している「名物仕掛人」のような人です。
img048580.jpg
そんな荊木さんがいま頑張っている「さばコロッケ」は、日高町で水揚げされるさばを使った新しい特産品で、去年9月に茨城県で開かれた「全国コロッケフェスティバル」では、龍ケ崎市長賞を受賞するなど、日高町の新名物として期待が高まっています。
img048579.jpg
開発のきっかけは5〜6年前、クエの次の名物として、比井崎漁港でよく揚がる大衆魚・サバを使った商品ができないかと考えていたところ、日本コロッケ協会の人と知り合い、サバを使ったコロッケの検討に着手。当初はなめろうのようにしたメンチカツのようなものを考えていたそうですが、サバを南蛮漬けにし、コロッケにすることに成功しました!
1590478617537.jpg1590478629469.jpg
事前に荊木さんに送っていただき、スタジオにもさばコロッケを用意しました!
初めて食べたミサキングも「サバのうま味がしっかりしている、臭みなくさっぱりしている」と絶賛!まことフィッシングは「産湯海水浴場でカレーヌードルに入れて食べたい。産湯海水浴場を出た後はみちしおの湯でゆっくりしたい」と夏の計画もばっちり!

あなたも食べてみたくなったでしょう?「さばコロッケ」が気になるあなた!
県内Aコープの総菜コーナーで販売中の他、比井崎漁協でも冷凍したものを販売しています。事前にお問い合わせの上、ぜひお買い求めください。
和歌山県Aコープチェーン加盟店舗MAP
比井崎漁協直販店

<旬わんだー>
今週の旬わんだーは、イートローカル、手作りマスク、黒江めった祭り、TONPEIさんと『新型コロナに負けずに頑張ってます』シリーズの第5弾。「こんな時こそ、頼れる街の電気屋さん」をテーマに、和歌山市西浜のナルデン・成瀬裕之さんに電話でお話を伺いました。

背が高くて、反町隆史似という成瀬さん。シャープさんのキャンペーンで知り合い、たにさかと誕生日が同じという縁もあり?漫才をお店で4ステージ披露するなど、よく知った仲なんですって。
コロナ禍の中、お客さんから「シャープのマスクないの?!」とシャープ製品を扱っているナルデンさんに問い合わせも多いそうですが、マスクは基本的にネットのみ。お家時間を過ごすためのテレビ、調理家電、健康家電(フットフィット)への問い合わせや、空気清浄機については、融資まで受けて仕入れ、飲食店さんに喜ばれたとのこと。

町の電気屋さんとして、お客さんとは家族のような付き合いをする中で、困りごとや要望を聞き出していく。家電製品を販売するときは「娘を嫁に出すような感覚」と父が言っていた気持ちが、いまわかってきたという成瀬さん。こんな時こそ、街の電気屋さん、訪ねてみてくださいね。
ナルデンさんHP

<フィッシュorめがね?全開!ルーレット>
毎週リスナーと電話をつなぎ、まことフィッシングが回す「フィッシュルーレット」か、たにさかが回す「メガネルーレット」のどちらかをご指名の上、1〜6の指定した数字が出ればクオカード。外れれば翌週に持ち越し、積み立てとなります。

回を増すごとに、プレッシャーを感じている様子のわんだーらんどの2人。それもそのはず、第1回の放送以来当たりがなくキャリーオーバーが続き、きょう当たれば、なんと4,000円分のクオカードが!
ということで、今回挑戦していただいたのは、和歌山市・下町の太陽さん。
「家族が多いので週末の食材購入の足しに…」とのことで、「お魚が好きなのでフィッシュルーレット」でチャレンジしていただきました。


がしかしご覧の通り、今回も指定の数字4は出ず、5が出てしまいました。。
この後、ミサキングが試しに回しても数字は出なかったので、なかなか当たらないところにこそ、ルーレットの醍醐味があるのかもしれません!
来週の挑戦もお待ちしています!

<つながりまSHOW!>
田辺:アカシ古い麦酒は飲まない&マヤは2週前の豆腐食べる、和クイズ「紀州の伝統工芸品は?」
新宮:サトヤン母の新宮弁。おやつにイナゴとはったい粉。カッキンはポッキーではなくラッキー

<今週の詐欺>
特殊詐欺被害防止広報大使のわんだーらんどが毎週詐欺被害撲滅を呼びかけます!
→4月の認知件数等まとめ(紀北から紀南方面へ被害が南下の傾向あり)

<ゲスト>
あさって5月28日(木)に開催される和歌山県初の「Web合同企業説明会」について、県庁労働政策課の前田さんと岡さんにお越しいただき、詳しくお話を伺いました!
DSC_9404.JPG
来春卒業する予定の学生を主な対象に企画された今回の「Web合同企業説明会」は、コロナ禍で、求職者側も採用する企業側も従来の就職活動ができなくなっている昨今、県が中心となってインターネットを使った就職活動の場を提供しようというもので、いま何かと話題のZoomのアプリを使って、パソコンやスマホで参加できますので、来春卒業予定の学生さん、ぜひ参加してみてください。
県内企業30社が参加し、企業の説明やそれに対する学生の質疑応答などが行われるということですが、司会はなんと、我らがわんだーらんど。
従来の合同説明会とは違う、会話しやすい雰囲気づくりのため、わんだーの2人がひと役買ってくれます。
申し込みはあすまでですので、興味のある方、ぜひお申込みを。
5/28(木)【和歌山県初!】Web合同企業説明会を開催します!

<わんだーらんどに挑戦!何もあたらないクイズ>
・来週はやります!

♪玉置浩二/田園
♪氷川きよし/星空の秋子
posted by wbs at 18:13| 火曜日