2022年11月15日

バタフライ〜♪

++わんだーらんどの全開!火曜日++
proRSE.jpeg
先週水曜日、結婚を発表したたにさか。お父さんにもなりました。おめでとうございます!
婚姻届の承認欄はまことフィッシングという、わんだーらんどらしい結婚秘話も続々と!

<ミニ・リポート>
先週金曜日の9:00〜12:00に、岩出市のメッサオークワ岩出店で「イジュ〜レ」の即売会が行われました!
prosSN.jpeg
先日オープンしたばかりで奇麗な店内はもちろん、高級感のあるこだわりの商品がたくさん並べられた「メッサオークワ岩出店」さんにドーン!とイジュ〜レが!!

イジュ〜レは、皆さんご存じの通り、わんだーらんどが日高川町の耕作放棄地で育てている甘夏を、果樹を材料にしたスイーツづくりで有名なふみこ農園さんに持ち込み商品化したもので、パッケージのイラストは、地元・日高川町立和佐小学校の児童が描いてくれました。素敵でしょ?
ぜひ、みなさんも「イジュ〜レ甘夏」一度お試しください!
メッセオークワ岩出店さんはこちら

<メッセージテーマ>
〜結婚〜
たにさかの結婚にちなんで、結婚に関するメッセージをお送りいただきました。
まことフィッシングからは「釣りに行きたい時は仕事を理由にせよ」という参考にならないアドバイスをいただきましたが、リスナーさんからは、お祝いはもちろん、結婚式の思い出、共通の趣味を持つことなど、メッセージありがとうございました!

<わんだーらんどの天・地・人>
9月に東京ビッグサイトで行われた「東京インターナショナル・ギフト・ショー秋 2022」で、新・棕櫚ほうきが、見事グランプリを受賞した、海南市阪井の深海産業有限会社専務取締役の深海耕司(ふかみ・こうじ)さん
projQi.jpeg
コレが「ギフト・ショー」で栄えあるグランプリに輝いた”新・棕櫚ほうき”です!

深海産業は、耕司さんの祖父が1950年頃に創業し、耕司さんは38歳の三代目。
今回グランプリとなった新・棕櫚ほうきは、柄の部分が黒江塗、そして棕櫚の繊維部分には特殊コートを染み込ませ、掃き心地が大変よく、畳掃除だけでなく、フローリングなどにもおすすめだそうです。
(スタジオに持ってきていただきましたが、恐れ多くてさすがに掃くことはできませんでした!)

創業以来、緑化資材を製造してきましたが、三代目の耕司さんが、4年前から職人の松本さんと一念発起し、新たな棕櫚ほうきの開発に取り組み、成功。
さらに京都の伝統的なほうき職人さんが亡くなったことがきっかけで「箒職人育成プロジェクト」もスタート。職人の技を絶やさないようにと、4か月でほうきを作れるような仕組みを生み出すなど、成熟したと思われていた棕櫚ほうきの世界に新風を送り込んでいます。

現在は、Broom Craftのブランド名で、棕櫚ほうきのほか、キッチン界のMVP目指して頑張っているという、フライパンを洗うのにピッタリな二刀流の棕櫚ブラシなど、伝統の上に実用性と革新性ある商品を販売しています。
ぜひ深海産業さんのホームページをご覧ください!

<旬わんだー>
この度岩出市中黒にオープンした、オーガニックやサスティナブルにこだわった日用品のセレクトショップ「きしもと日用品店」について、店主の岸本翔子さんにお越しいただきました。
proSLT.jpeg
実際に扱っているのは、ホタテパウダー、洗剤の量り売り、サンゴに優しい日焼け止め、バンブー歯ブラシなど、聞いたことのない商品ばかりですが、どれもオーガニックやサスティナブルで、自然に優しい内外の商品を厳選しています。
また岸本さんはアロマセラピーの資格も持っていますが、カウンセリングをしての香りの販売なども好評ですって。

持て余している場所を活用して?今月30日(水)にはフットリフレソロジーのイベントも予定しています。
詳しくはきしもと日用品店まで!

<快適生活ラジオショッピング>
・京都祇園「閼伽井」監修・豪華三段重「和洋ファミリーおせち」雅の宴
0120-40-1475

<つながりまSHOW!>
田辺:”天神崎”は思い出の地。弁慶まつりはそそくさ?&田辺出身の海上保安官夫婦
新宮:仲氷店さんには挨拶済み&ソフトバレー大会で寝られず映画「アナコンダ」鑑賞

<今週の詐欺>
特殊詐欺被害防止広報大使のわんだーらんどが毎週詐欺被害撲滅を呼びかけます!

→今週の刑事:手でハート刑事
→本日の特殊詐欺:特殊詐欺被害状況まとめ(10月末現在)&0120-508-878(これは わなや)へ電話してください(県警生活安全企画課)

<ゲスト>
10/31に発行されたLISMスペシャルムック「カフェわかやま2023」について、和歌山リビング新聞社編集部「カフェわかやま2023」プロデューサー佐藤俊一(さとう・しゅんいち)さんと、和歌山リビング新聞社営業部「カフェわかやま2023」広告ディレクターの三尾真里奈(みお・まりな)さん
proTDi.jpeg
2年の1回の発行で5回目。今号では318ものカフェが掲載されています!!!

前号から比べて、和歌山の街も変わっていることを受けた「街角カフェ」特集をはじめ、アフタヌーンカフェ、「海のカフェ」「元○○カフェ」の他、広告ページも工夫を凝らした充実の一冊です。
県内主要書店で販売していますので、ぜひお求めください。
詳しくはカフェわかやま2023|和歌山のカフェと喫茶318店の情報を掲載まで!

★プレゼント★
LISMスペシャルムック「カフェわかやま2023」を、抽選で3人にプレゼント。
住所、名前、電話番号、カフェわかやま希望と必ず書いて、メール、FAX、ハガキでご応募ください。
11/21(月)必着です。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

<イジュ〜レがあたらないクイズ>
・お休み(次回は11/29予定)


♪アイラブユー/back number
♪ハッピーウェディング前ソング/ヤバイTシャツ屋さん
♪お嫁サンバ/郷ひろみ
♪輝く月のように/Superfly
♪花/ORANGE RANGE
♪乾杯/長渕剛
posted by wbs at 19:25| 火曜日