2018年11月15日

海南音頭のレコード発見!!

第7回「笠野衣美の全開!木曜日」

 きょうは先週に引き続き、海南音頭のレコード調査の続報です。
<海南音頭>
 みさと天文台友の会音楽部長、松本隆信さんが、ふるさと和歌山を歌った唄を集めている知り合いから頼まれたということで、番組に依頼があり、探すことになった「海南音頭」のSPレコード。
 先週の放送では、海南市役所や海南文化協会、海南市歴史民族資料館を調査しましたが、レコードは見つからず…。今週はレコードを発見できるでしょうか。

●海南文化協会・邦楽研究部 武田正一さん  【林輝リポーター】
 先週に引き続き登場の超大型新人、林輝リポータが手掛かりを探しに再び海南市へ。
DsBvr6WUcAE3FRo.jpg
 海南市船尾にあるうるわし館で、海南文化協会・邦楽研究部の武田正一さんからお話を伺えることになりました。さらに、なんと!武田さんがレコードを保管していることがわかり、持って来ていただくことになりました。
DsBvs-OU4AADh8o.jpg
DsBvt91V4AEIldY.jpg
 電波テストした際には、まったく想定できなかったトラブルにもめげず、林リポーターが、貴重なレコードを眺めながら、武田さんとやり取りしていると、「レコードを持ち帰ってもいいよ」という展開に・・・。
IMG_6565●.JPG踊り方も・・・
 予想外の流れの中、武田さんからいろいろな話をお聞きしました。
 「海南音頭」は、昭和33年に海南商工会議所や漆器組合などの団体が、行政も巻き込んで制作したものであること、長く知られていなかった「海南音頭」を、海南市の神出政巳市長が15年ほど前、発掘したということ、このレコードは、作曲した上山玄海先生から託された大変貴重な一枚であること、かつて海南市は、職人のまちとして栄え、芸にも厳しい目を持つ海南市の職人に認めてもらうため、芸人たちが、こぞって海南市で芸を披露したという話も教えていただきました。 
IMG_6555●.JPG
IMG_6544●.JPG

●みさと天文台友の会 音楽部長 松本隆信さん(電話)
 「海南音頭」のレコードが無事発見できたということで、依頼者のみさと天文台友の会・音楽部長の松本隆信さんに電話してみました。
 レコードの発見に喜んでくれましたが、松本さんに依頼された方と一緒にいるということで、「海南音頭」レコード捜索の真の依頼者で、みさと天文台友の会・音楽部の中西さんが経営する喫茶店に、林リポーターが、レコードを持って伺うことになりました。中西マスターの喫茶店は、レコードのターンテーブルがある和歌山市神前の「カデンツ」。ここに林リポーターが向かいました。
DsBwrlAV4AMZ33l.jpg

●みさと天文台友の会・音楽部 中西さん  【林輝リポーター】
 レコードそのものを集めるとともに、レコードから音源を取り出しデジタル保存している中西さんは、松本さんとともに、「さあ、来い、レコード!」と喫茶店で待ち構えてくださっていました。
DsBwswlU4AAL2QC.jpg
 ところがっ!! レコードを持っているはずの林リポーターの手には、なぜかカセットデンスケが・・・。おもむろに取り出したカセットテープをかけてみると、明瞭な音声で三波春夫の歌声が響きました。
DsBwuOuUwAMnzMS.jpg放送を聴いたリスナーも登場
 お二人から落胆の声が漏れる中、林リポーターは「もう一押しが足りなかった」と武田さんとのやりとりを述懐しました。しかし、考えてみれば、もしかするとこの世に一枚しかないかもしれない貴重なレコードをお預かりして、運搬中や使用中に何も起こらないという保証はどこにもありません。そういう意味では、この結果でよかったのかもしれません。超大型新人の林リポーターも、これまでに経験したことのない現場を踏んだことで、さらに成長の加速度を上げていってくれることでしょう。
IMG_6702●.JPGスタジオに戻った林リポーター。海南音頭にあわせて踊る!
 
 なんとか「一件落着!」です。
 しかしっ! 中西さんと松本さんの落胆ぶりも大いに理解できるところで、今後、私たちに何ができるのか考えていきます。
 それに、神出海南市長の生歌を聞いてみたいという欲求がさらに強まっています。


<あなたがやっているアンチエイジング>
 「笠野さんは若いが、秘訣は何か」という「笛吹きのひでにぃ」さんからのメールにお答えするため、皆さんに意見を募りました。「何か気になることがあれば、ダラダラせず即対応すること」や「アンチエイジングに効果のあるポーズ」などを教えていただきました。


<番外編>
 番組終了後、「ボジョレーヌーヴォーパーティ」の司会を務めるため、装いも新たに次の仕事場へ向かった笠野さん。ホントは飲むのが楽しみ?
IMG_6735●.JPG


<女性活躍推進に関する講演会>
●新谷徳久さん(和歌山市男女共生推進課)
 仕事と子育ての両立や、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を推進することで、働きやすい環境をさらに充実させ、あらゆる分野において、誰もがその個性と能力を発揮することができる男女共同参画社会の実現をめざすために開催する、基調講演とパネルディスカッションについてお聞きしました。
 日時 平成30年11月25日(日) 13:30〜16:00
 場所 和歌山市民会館 市民ホール
 問い合わせ 和歌山市男女共生推進課 073−436−8704
IMG_6602●.JPG

<つながりまSHOW>
 田辺 : 白浜町のダイビングショップ「スパダイブ」さんについて、松原橙さんと中谷まやさんが伝えてく
     れました。

 新宮 : 那智勝浦町湯川のゆかし潟で11月18日(日)に開催される探鳥会について、引本孝之さんが
     伝えてくれました。当日の午前9時に喫茶店「きよもん」の駐車場に集合とのことです。


<ぐるっと紀州路>
 今週は「いせえび祭り」について、那智勝浦町農林水産課の濱口祐也さんにお話を伺いました。
 日時 平成30年11月17日(土) 10:00〜12:00
 場所 勝浦地方卸売市場内【旧:勝浦漁業協同組合内】
 問い合わせ 那智勝浦町農林水産課 0735−29−4455


<快適生活ラジオショッピング>
14時台:「刺身用生ズワイガニ脚剥き身」満足セット
15時台:スカルプエッセンスSP
0120−40−1475


<曲>
※笠野セレクトの音楽もお届けしますが、リクエストもどうぞ♪
浪漫飛行/米米クラブ
進めなまけもの/斉藤和義
時間よ止まれ/矢沢栄吉
熊野路へ/坂本冬美
海南音頭/三波春夫・及川三千代
海南小唄/三波春夫
posted by wbs at 19:13| 木曜日

2018年11月01日

電波の謎に迫る!

第5回「笠野衣美の全開!木曜日」

<電波の謎>
●原昌司(和歌山放送編成技術部 副部長)
 リスナーさんから寄せられた電波の特性についてのギモンに答えてもらいました。
「夕方〜明け方にかけて、東京・東海地方からの電波がクリアに入るのはなぜか?」
「夜になると、和歌山放送が岐阜放送に侵略されるのはなぜか?」
 → 間違ったことを書くとマズイので、是非ラジコの【タイムフリー機能】(〜11/8)でお聞きください。
 ということで、今回のギモンも、「一件落着!」です。
IMG_0540.JPG
IMG_0544.JPG

<近鉄百貨店和歌山店 北海道大物産展第2弾>
 5F催事場で11/6(火)まで開催中 
 中川智美アナウンサーがリポート。
1540977063816.jpg

1540977068603.jpg

1540977120267.jpg

<熊野古道万葉ウォークと公演 みやこ姫〜有間皇子塚がむすぶ縁〜>
●東道さん(海南・万葉の会事務局長)
 11月11日(日)午後3時〜 御坊市民文化会館大ホールで公演
 万葉ウォークは、JR御坊駅を出発し、道成寺など名所をめぐります。
 問い合わせ先:073−478−2711
IMG_6220●.JPG


読書週間中(10/27〜11/9)につき、こんな話題をご紹介しました!
<ビブリオバトル>
●松尾知実さん(和歌山県立図書館・司書)
 複数の「バトラー」が、自分の好きな本を聴衆に紹介し、プレゼンテーションを聞いた人たちが最も読みたいと思った「本」に投票する「ビブリオバトル」について、和歌山県立図書館・司書の松尾知実さんにお聞きしました。小中学校の授業で「模擬ビブリオバトル」を披露しているという松尾さんに「世界からネコが消えたなら」(川村元気)を紹介してもらいました。
 2018年度 ビブリオバトル和歌山大会は、10月から11月にかけて各地で予選が行われます。
 決勝は、2018年12月9日(日)12:30〜16:15 和歌山県立図書館(和歌山市西高松)です。
IMG_6200●.JPG


<ラジオカーリポート>
●三浦ちあき(ラジオカーリポーター)
●西田聡さん(宮脇書店和歌山店社長)
 11月1日は「古典の日」ということで、西田社長に
 「古典シリーズ」3冊(1万年堂出版)
  @こころ彩る徒然草 Aこころに響く方丈記 Bこころきらきら枕草子 
  について、ご紹介いただきました。
IMG_9864.JPG


<つながりまSHOW>)
 田辺 : 田辺弁慶映画祭(11月9日(金)〜11月11日(日))について、松原橙さんと中谷まやさんが伝えてくれました。
 新宮 : 里山カフェSANKA(山花)について、引本孝之さんが伝えてくれました。


<ぐるっと紀州路>
 今週は「第30回紀州漆器まつり」について、紀州漆器まつり実行委員会事務局長の田村彰男さんに話を伺いました。
 日時 平成30年11月3日(土)と11月4日(日)午前10時〜午後4時
 場所 海南市・黒江川端通り
 問い合わせ 紀州漆器まつり実行委員会事務局 073−482−0322


<快適生活ラジオショッピング>
14時台:サイレントスノア
15時台:ナイトケアジェル
0120−40−1475


<曲>
※笠野セレクトの音楽もお届けしますが、リクエストもどうぞ♪
恋に落ちて/徳永英明
大きなたまねぎの下で/爆風スランプ
恋しくて/ビギン
マイライフ/ビリージョエル
posted by wbs at 19:28| 木曜日

2018年10月25日

181025

第4回「笠野衣美の全開!木曜日」

<和歌山城のラヂオ塔>
●NHK和歌山放送局 局長 仲山友章さん
 先週、放送した和歌山城のラヂオ塔。「NHKに聞くべき!」という笠野さんの強い主張を受けて、なんと!今週、NHK和歌山放送局の局長、仲山友章さんがスタジオにお越しくださいました!
IMG_5362.JPG仲山局長が登場!

 仲山局長もラジオ塔は見たことがないそうですが、たくさんの資料をお持ちいただき、ご説明いただきました。NHKの放送博物館にもお問い合わせいただいたそうですが、ラヂオ塔の資料はほとんどなかったというお話でした。ただ、ラヂオ塔設置の目的として、ラジオそのものの普及だけでなく、ラジオ体操も普及させたい、という思いがあった一方、戦時中は金属を供出するため解体されたものも多くあったそうです。
 このほかにも、災害時のラジオの役割や、今後の「朝ドラ」の動向などについてお話を伺いました。
 それから、お土産として「わかまるくん」をいただきました。
IMG_5370.JPG
IMG_5381.JPG
IMG_5384.JPGきょうから守り神です

 仲山局長からのリクエスト
  希望という名の光/山下達

●ラヂオ塔大百科2017・著者 一幡公平さん
 日本で唯一のラヂオ塔関連の著作のある一幡公平さん(岡山県)に電話でお話を伺いました。
 「ラヂオ年鑑」によると、県内には、和歌山城以外にもラヂオ塔があったそうです。
  ・和歌浦公園
  ・紀三井寺
  ・淡島神社境内
  ・田辺町(現在は田辺市)公園
  ・御坊町(現在は御坊市)小竹八幡神社
  ・高野山金剛峰寺前広場
 この6箇所と、もう1つ、
  ・海南市のアマノカグヤマ公園? だそうです。
 ラヂオ塔は、日本国内にとどまらず、太平洋戦争が進むにつれて、占領地の海外にも設置され、その数は、465箇所以上にのぼり、現在、一幡さんが確認したラヂオ塔は、全国に39箇所あるそうです。
 岡山県岡山市にもラヂオ塔は残されていて、再利用が始まっているとのことです。

 和歌山県内には、もう残されていないのか、皆さんからの情報をお待ちしています!


<子持ちのサンマ>
 今週は、あなごちゃんさんから寄せられた「子持ちのサンマ」について調査しました。
 寄せられたメールによると、「子持ちのサンマって食べたことないんですが、みなさん食べたことありますか?」とのことです。
 魚のことは、魚屋さんに聞かないと、ということで…。
 
●ラジオカーリポート(林輝)
 放送第4回にして、4回目の登場!
 七曲市場で100年以上魚屋さんを営んでいる「うおこ」さんにお話をお聞きしました。
 うおこのご主人さんは、子持ちのサンマを見たことがあるとのこと。
DqVKJWnUwAAsoLh.jpgおいしそうなサンマ

 今、出回っている秋のサンマは、子持ちではないけれど、12月に入ると子持ちのサンマも捕れるそう。
でも、卵が薄皮で覆われていないので、調理中に流れてしまうとのことです。
DqVKISfVAAE_Dr2.jpg仲のよい「うおこ」のご夫婦でした

●県立自然博物館 学芸課長 平嶋健太郎さん
 「うおこ」のご主人に話をお聞きし、子持ちのサンマがあることはわかったのですが、さらにサンマの生態などもお聞きしようということで、和歌山県立自然博物館・学芸課長、平嶋健太郎さんに電話で伺いました。
 子持ちの時期のサンマは禁漁となるので、あまり目にすることはなく、たまたま早く採れたサンマが出回ることもあるそうです。サンマが和歌山近海に来る頃にはほぼ産卵が終わるので、熊野で採れるサンマは脂が落ちていてサンマ寿司にはちょうどよい具合だそうです。和歌山のサンマ寿司は、熊野で採れたサンマを見事な保存食として利用した地域のグルメとのことでした。

 ということで、今回のギモンも、「一件落着!」です。

<近鉄百貨店和歌山店 北海道大物産展第1弾>
 5F催事場で10/30(火)まで開催中 
 中川智美アナウンサーがリポート。
2018-10-24-14-27-22.jpg2018-10-24-15-02-34.jpg2018-10-24-15-22-17.jpg1540366956515.jpg1540366966932.jpg


<つながりまSHOW>
 田辺 : みなべ町出身のアーティスト川島ケイジさんが行う11月18日(日)の熊野本宮奉納コンサートについて、松原燈さんと中谷まやさんが伝えてくれました。

 新宮 : 那智勝浦町吹奏楽団の定期演奏会(10月28日(日)17:30〜 那智勝浦町体育文化会館)について、引本孝之さんが伝えてくれました。

<ぐるっと紀州路>
 今週は「稲むらの火まつり」について、稲むらの火まつり実行委員会事務局の熊野亨さんに話を伺いました。
 日時 平成30年10月28日(日)午後4時〜
 場所 広川町役場前稲むらの火広場にご集合ください。
 問い合わせ 稲むらの火まつり実行委員会事務局 0737−63−6283

<手間なしクッキング>
@熟した柿を使ったドレッシング
熟した柿の実をボウルに入れる。
ポン酢大さじ2
レモン汁大さじ2
塩コショウで味を調える
IMG_0479.JPG
IMG_0480.JPG
IMG_0483.jpgドレッシングをかけてみました

笠野家では「不思議な味」との声があがったそうです・・・。

A熟した柿を使ったパフェ
生クリーム、柿、生クリーム、柿と交互に盛る。

<快適生活ラジオショッピング>
14時台:今期物!高級天然松茸
15時台:メガネタイプ拡大ルーペ
0120−40−1475

<曲>
※笠野セレクトの音楽もお届けしますが、リクエストもどうぞ♪
クリームシチュー/矢野顕子
夢の途中/来生たかお
posted by wbs at 19:00| 木曜日

2018年10月18日

林リポーター、走る!

第3回「笠野衣美の全開!木曜日」

「毎週、リポートするのは難しいだろうねえ」という当初の予想を覆し、”二度あることは三度ある”というわけで、3週連続で、林リポーター出動となりました。
IMG_5038●.JPGエミリーに見送られて出動!

<和歌山城のラジオ塔>
3回目のきょうは、ジャスティスさんから寄せられた「和歌山城のラヂオ塔」についてとりあげました。
寄せられたファックスによると、「昔、和歌山城へ社会見学に行った際、石でできた燈篭みたいな形の「ラジオ塔」と書かれた物体がお堀の近くにあったと思うのですが、ぜひ林リポーターに調査してもらいたい」とのことでした。
 
●ラジオカーリポート(林輝)
DpxJTBKU0AAb5fD.jpg岡口門前をスタート

@和歌山城でラヂオ塔について聞き込みをしますが、ラヂオ塔について知っている人はおらず。
 寄り道して、水禽園で、オウムに「バイバイ」と呼びかけるも返事はなく・・・。

Aメールと電話で寄せられたリスナー情報に基づき、一の橋から入って数十メートル進んだ左側あたりを調査しましたが、それらしきものは見つかりません。【林リポーター、水禽園から一の橋へ走る!】

Bディレクターがかつて取材した、和歌山城再建の様子を8ミリビデオに収めた男性を訪ねました。
 【林リポーター、一の橋から反対側の追廻門前まで走る!】
DpxJUkiVAAAkTJO.jpg追廻門へ移動DpxJWGIUYAULSfe.jpg

 店主の武本弘さんは86歳。
DpxJXJgUcAA-aX1.jpg

 武本さんは、子どもの頃、ラヂオ塔の近くで遊んでいて、確かに音がなっていたとのこと。
 場所は、一の橋を入って左側の堀端。街頭テレビも観に行ったことがあるという武本さん、黒山の人だかりで、街頭テレビの画面に何が映っていたかは覚えていないとのことでした。

IMG_5056●.JPG今週はなんと、エンディングに林リポーターがスタジオへ!

●和歌山市の和歌山城整備企画課
 取材の結果、「史跡 和歌山城保存管理計画書(資料編)」の年表に記載がありました。
 和歌山城のラヂオ塔は、昭和8年4月にNHKによって設置され、平成14年3月に撤去されたと記されていました。撤去された理由は、老朽化だったということです。
 
●和歌山日日新聞の記事を入手
 前述の「史跡 和歌山城保存管理計画書(資料編)」によれば、ラヂオ塔の設置は、「和歌山日日新聞」の記事が根拠となっていたため、県立文書館でその記事を入手。昭和8年4月21日の記事には、5月7日にラヂオ塔が竣工することが記され、5月8日の記事には、昭和8年5月7日に地元の小学生らを招いて開かれた式典の様子が掲載されていました。
IMG_5094.JPG

●NHK発行の「放送50年」
 和歌山放送図書室にある「放送50年」によると、ラヂオ塔の設置は、聴取契約数100万突破の記念事業の一環で、全国41カ所の公園や広場にラジオ塔が設けられ、自由に放送を聴けるようにしたとのことでした。このラジオ塔は、昭和5年8月、大阪中央放送局が天王寺公園に設置したのが第一号で、正式には「公衆用聴取施設」と呼ばれたそうです。

 というわけで、今回のギモンも、「一件落着!」なのですが、どうもエミリーが納得していない様子。
 NHKさんに聞いてみたいということで、これは、次週の宿題とします。


<電話インタビュー>
 広川町日本遺産認定記念シンポジウム『百世の安堵』〜津波と復興の記憶が生きる広川の防災遺産
(広川町教育委員会 谷口愛さん)
 日時:10月21日(日)13:00〜16:00
 場所:広川町民体育館


<つながりまSHOW>
田辺 : 第12回田辺弁慶映画祭(11月9日〜11日)について、松原燈さんと中谷まやさんが伝えてくれました。

新宮 : 那智勝浦町湯川のゆかし潟 近くのカフェ&ベーカリー「コッペ」について、引本孝之さんが伝えてくれました。


<ぐるっと紀州路>
 今週は、鱧の街・菓子の街 海南プロジェクト実行委員会 菓子グループ代表の野口智也さんに
「お菓子を楽しむ日」についてお話を伺いました。
 開催日:10月21日(日)11:00〜16:00 JR海南駅周辺
・海南市では、10月の1ヶ月間にわたって「かいなんお菓子まつり」が開催中。
・海南市内の20の菓子店で商品を買うと、缶バッチがもらえて、5つ集めると1回抽選できる。


<ゲスト>
●安原望さん(ミセスインターナショナル日本大会ファイナリスト、ピラティス&ボディメイクサロンMoveLab代表)
 美しい歩き方について、お話を伺いました。
IMG_5066●.JPG
IMG_5086●.JPGお美しい!

正しくヒールを履きこなす美ウォーキングレッスン
〜ハイヒールで美しく歩くための3つのステップ〜
日時:12月15日(土)13:30〜15:00
場所:和歌の浦アートキューブ多目的ホール
参加費:事前申込3000円(当日4000円)
 
●森教二さん(和歌山マジシャンズクラブ会長)
今週末開かれる、第18回マジックフェスティバルについて、お話を伺いました。
第18回マジックフェスティバル
日時:10月21日(日)13:00〜
場所:和歌山市民会館大ホール
入場無料、自由席です。


<快適生活ラジオショッピング>
14時台:高級クロコダイル長財布
15時台:佐渡産コシヒカリ
0120−40−1475


<曲>
※笠野セレクトの音楽もお届けしますが、リクエストもどうぞ♪
October〜リリー・カサブランカ〜/さだまさし
ひこうき雲/荒井由実
神無月にかこまれて/井上陽水
365日の紙飛行機/AKB48
熊野路へ/坂本冬美
posted by wbs at 17:34| 木曜日

2018年10月11日

とりあえず収まりました(ホッ)

第2回「笠野衣美の全開!木曜日」
2018-10-11-14-26-44~2.jpg

今週から新コーナーが始まりました!題して「エミリーの手間なしクッキング」。

そして、あなたのギモン・困りごとにお答えするため、先週に続いて、林リポーターが出動しました。
実際にリスナーさんから寄せられた疑問にお答えすることはできたのか、結果を乞うご期待!

<謎の階段>
2回目のきょうは、みるみる13世さんから寄せられた「謎の階段」についてとりあげました。
寄せられたメールによると、「JR和歌山駅と近鉄百貨店和歌山店の間に、地下から地上2階以上に続く階段がいくつもあり、以前から気になっていたが、いまだに何かわからないので、調べてほしい」とのことでした。
 そこで、ご本人に詳しい話をお聞きしに行きたかったのですが、残念ながら、きょうは、子どもの授業参観で直接、お伺いできませんでしたので、午前中に電話でお聞きしました。
 
 そして、いよいよ林リポーターが出動しました。
DoopyIGVsAAJ0yQ.jpg

●ラジオカーリポート(林輝)

@JR和歌山駅前で(かつて電光掲示板があった辺り・和歌山市)
「これから現地へ向かいます」
DpNDY5_VsAAo8SY.jpg電光掲示板が設置されていたビル

Aついに謎の階段発見!
JR和歌山駅と近鉄百貨店和歌山店の通路に沿うように存在する階段を発見!
地下から地上に伸び、さらに階上へ続く階段は、およそ100メートルの間に、なんと7つもありました。
近くを通る方に聞くと、「20年ほど前は駅へと続く階段だった」とのこと。
DpNDZ1IU0AAD5Gb.jpg
DpNDatUU0AAFAFV.jpg和歌山ターミナルビルが管理しているらしい・・・

B和歌山ターミナルビル兜ロ安課長 垣鼻正純さん
この階段は、いったい何のためにあるのか?
確認するため、通路を管理する和歌山ターミナルビル鰍ノお願いすると、保安課長の垣鼻正純さんが対応してくれました。それによると、この階段は、昭和57年にJR西日本のターミナルビルが建築された当時から、百貨店やホテルが入るターミナルビルの利用者を、火災や地震などの災害から守るための避難用階段として設置されていました。階段がいまの姿になったのは平成13年で、地下から地上7階までつながっている階段を使って、ターミナルビルを利用する1万2千人を避難させるということでした。
「備えあれば、憂いなし」とは言いますが、階段を観ていると、まさに憂いをなくすための決意を感じます。
DpNEUT9U0AAK73c.jpg垣鼻さん
DpNEV8mV4AAekou.jpg
DpNEWt_UcAAvABt.jpg特別に内部を見せてもらいました。

<エミリーの手間なしクッキング>
新コーナーがスタート!
家事に時間をかけない笠野衣美が、簡単においしくできる、「もう一品」をご紹介。
ただし、メイン料理にはなりません。あしからずご了承ください。
第1回の今週は、柿を使ったおつまみをご紹介。《いきなり、おつまみかいっ!》
2018-10-11-14-26-16.jpg

<和歌山新着情報>
あすから和歌山で先行上映される「ボクはボク、クジラはクジラで泳いでいる」をご紹介。
藤原監督の、作品にかける思いなどを聞いた中川アナウンサーのインタビューを交えて、試写会を観た感想をお伝えしました。《ネタバレちゃうかという疑惑も・・・》


<つながりまSHOW>
田辺:11月9日から11日にかけて開かれる田辺映画祭のスケジュールについて、松原燈さんと中谷まやさんが伝えてくれました。

新宮:10月14日に開かれる古座川町のひだまり市を、引本孝之さんが紹介してくれました。

<ぐるっと紀州路>
日高町商工会の山本将太さんに「クエ祭」についてお聞きしました。
クエ鍋、クエ飯、クエからあげの販売やクエの解体ショーに、多くの人が集まります。
10月13日(土)の開催です。

<ゲスト>
●向山精二さん(アマチュア音楽家・ガス販売会社社長)
 ライフワークとして取り組んでいるエルトゥールル号の遭難・救助と、イラン・イラク戦争時のテヘランからの日本人救出劇をテーマにした紀伊の国交響組曲第5楽章「友情」を11月29日、アメリカ・ニューヨークのカーネギーホールで披露するのを前に、意気込みやこぼれ話を伺いました。
IMG_4693●.JPG

●「劇団 心(こころ)」座長 碧月心哉さん / 紀の国ぶらくり劇場社長 村野一彦さん
  紀の国ぶらくり劇場の10月公演についてお聞きしました。
IMG_4701●.JPG

<快適生活ラジオショッピング>
14時台:三大宝石ネックレス
15時台:強力照射LEDズームライト
0120−40−1475


<曲>
※笠野セレクトの音楽もお届けしますが、リクエストもどうぞ♪
2人のアカボシ/キンモクセイ
秋止符/アリス
秋桜/山口百恵
東京ビクトリー/サザンオールスターズ
posted by wbs at 20:03| 木曜日